設計処 草庵 設計処草庵は、気候風土に根差した日本建築を現代の生活様式にアレンジした建築デザイン設計を行っている一級建築士事務所です。 93年以降自然健康住宅の先駆的草分けとして講演活動等も行っています。
代表である建築家・中原賢二は、特定非営利活動法人「社の極」の理事長であり、 大阪を始めとする関西各地にてすまいの勉強会や自然素材のワークショップ、講演会を行うなど、NGO活動に努めております。
トップページ
プロフィール
いい家づくりの知恵
作品紹介
家づくりの流れ
設計処草庵への設計依頼のメリット
お客様の感想
無料カウンセリング予約フォーム
ご相談・お問合せフォーム


※草庵HPは
   毎週更新!

一級建築士事務所
有限会社
設計処草庵
〒530-0035
大阪府大阪市北区同心
1丁目7-13-303
TEL:06-4800-2711
FAX:06-4800-2712

↓リンク用バナー

イベント レポート集 伝統素材 子供
 
 
すまいの勉強会 in 西宮
 

テーマ: 
「目からウロコ!! 日本の伝統素材が子供を育てる!?」
  

日時: 2005年11月26日(土曜日) 13:30〜16:00
                         
■場所: 兵庫県西宮市民会館5階 特別会議室B
    

■参加費: 無料

■スケジュール:
  13:30〜14:35   第一部 「子供は体験から学ぶ」     
                       カウンセラー/えかわみきこ
  14:45〜15:50   第二部 「伝統(自然)素材にふれる」  
                             建築家/中原賢二
  15:50〜       質疑応答

■参加人数: 32名 

■主催:日本建築文化研究会 「社の極」 
     ホームページ(http://www.yashirono-kiwami.com)
     tel: 06-6561-3880 fax: 06-6562-7889 
     email:soann@soann.co.jp



<レポート>

 平成5年よりシックハウスと伝統的自然素材のパイオニアとして活動している「社の極」が、すまいの勉強会を各地で開催、この度は西宮にて始めて開かれました。
 
 第一部カウンセラーのえかわ氏によるレクチャーは、ソフトな語り口で、実体験を元に楽しくお話が進み、目からウロコでした。 
 「無垢のフローリングなどは子供がいたずらをするからまだ早すぎるわ」「子供が蹴っても破っても大丈夫なものを」等々大人は考えがちですが、「どうして壊れたのか?」「どうやったら壊さないようになるかしら?」など、子供とちゃんと向き合って話すことにより、以外や以外、子供は丁寧に優しく扱うことを学んでいくのですね。。。 ものを慈しむ優しい心は、こういった情操教育から育っていくのだとしたら、やはり空間や素材が与える影響は想像以上に大きく、もっと子供たちがこころ豊かに過ごせる環境を整えてあげることが大人の仕事なのではないでしょうか?

 中原氏が講師の第二部では、伝統素材をどのようにすまいに生かせるかを、実際に触れることが出来ました。杉や檜といった無垢の木を床において、実際にその上にはだしで乗ってみる。どう感じるか?柔らかさや固さは?暖かさは? 自然塗料を実際に嗅いでみる。人工塗料との違いはどう? ふすまのピン〜キリまで、どのように違うのか、触れて見て確認する。 等々、本物に見て触って学ぶことが出来ました。

 今後も、保育や教育現場に対しても、その重要性をアピールしていくことが出来れば。。。と、事務局談でした。

 

Copyright © SOANN all rights reserved.